sun-ai blog

福岡のデザイン会社、sun-aiのブログです。

A1ゴシックがくるぞ

デザイナーなら誰もがお世話になっているであろう「A1明朝」。
リュウミンよりもやわらかく、なおかつ真面目な文章にも使える。
1つのウエイトで見出しから本文までOK。
フォントパネルのてっぺんに君臨するエリート。それがA1明朝。
~~~~
そんなA1明朝の新たな仲間「A1ゴシック」が11月8日にリリースされるそうです。
「モリサワ 2017年の新書体を発表」
 
 
A1明朝の骨格をベースに、墨だまり、狭めのふところ等、A1明朝の特徴を取り入れたゴシック体。単体のエレメントを見ると少しオールドゴシックっぽいですが、組んでみたらもっとナチュラルな見え方になるのではないかと思います。なんとなく、こぶりなゴシックみたいな使い心地かも。ボールドを白抜きで使ってみたい…。
~~~~
他の新書体も楽しみなやつが多いです。「みちくさ」は、2014年のTDCで賞を獲った「こうぜい」(http://www.kozei.net )のように、縦組にすると形の変わる書体。こういう書体も、今後選択肢が増えると良いですね。でも作るの大変そう…。書体デザイナーの方々には頭が上がりません…。
公開まであと1ヶ月。今のうちに文字組みの復習をしておかないと…。